• 日本語
  • English

Dec 21, 2010

2010年度冬のシンポジウム「新興国からはじまるグローバルイノベーション」2011.1.29.

ご応募の受付を締め切りました。ご応募された皆様にはお返事をお送りしておりますので、ご確認をお願いいたします。
冬のシンポジウム
新興国からはじまるグローバルイノベーション
Global innovation from emerging countries

イノベーションといえば、先進国の専売特許のように見なされていた時代は終わりを告げつつあります。とりわけ、i.schoolが標榜するイノベーションへのアプローチ・人間中心イノベーションは、必ずしも先端技術を要求しないため、先進国も新興国も対等の競争環境にあると言えましょう。このような状況を、経営学では「リバースイノベーション」と称し、先進国からその他の国へのイノベーションの奔流に逆流現象が起こっていることを指摘しています。一方、人間中心の観点に立つi.schoolでは、イノベーションは世界のどこからでもはじめられるようになった、その環境変化こそが、今後のグローバル・コンペティションに大きなインパクトを与えるものと考えます。

「冬のシンポジウム」では、JICAの支援の下、インドにて人間中心イノベーションのアプローチを採用し、画期的な冷蔵庫を開発した、Godrej & Boyce社のSunderraman副社長をお招きし、その開発プロセスと未来への展望をご講演いただきます。
また、この講演を受けて、新興国発の人間中心イノベーションをめぐるチャンスと課題を議論する、パネルセッションを開催します。パネルセッションには、Sunderraman副社長に加え、多摩大学大学院の紺野登教授、i.schoolエグゼクティブディレクター 堀井秀之教授が加わります。また、BOP(Base of Pyramid: 年間世帯所得3000ドル以下の貧困層をさす)向け製品開発プロジェクトとして2010年夏にスタートした、See-D Contestのオーガナイザーであり、i.schoolリサーチアシスタントの横田幸信が、プロジェクトの経験を生かした進行役を務めます。

今後のグローバルイノベーションの行方を大胆に占うこの機会に、幅広い未来の可能性を見出し、新たなチャレンジの第一歩を踏み出しましょう。

Innovation is no longer the exclusive privilege of developed countries. The human-centered innovation that i.school advocates does not necessarily require high technology, and it brings equal competition environments to developed and developing countries alike. Business administration has named this situation “reverse innovation”, and it reveals emerging flows that reverse the original streams that used to flow from developed countries to developing ones. i.school, which stands for human-centric innovation, believes innovation can start anywhere of the world, and this environment change will have a big impact on the future of global competition.

In i.school’s Winter Symposium, Mr. Sunderraman, Vice President of Godrej & Boyce, who under the support of JICA, developed an epoch-making refrigerator in India by utilizing human-centric approaches, will give a presentation on its development process and future perspectives.

Following the presentation, there will be a panel session in which opportunities and problems surrounding human-centric innovation originated from emerging countries will be discussed. In addition to Mr. Sunderraman, panelists will include Prof. Noboru Knno from Tama University and Prof. Hideyuki Horii, executive director, i.school, among others.
Yukinobu Yokota, research assistant of i.school, will act as MC, referring to his experiences of organizing See-D Contest, a project based on the development of products for BOP (Base of Pyramd:lower income bracket whose annual income per family is under 3,000 dollars.)

Please join the challenging opportunity of forecasting next global innovation, finding broad future possibilities and taking one step forward.

日時>2011年1月29日(土) / Date and Time>January 29, 2011

13:30 受付スタート / 13:30 Start registration
14:00シンポジウムスタート / 14:00 Start symposium 16:45終了 / 16:45 Close symposium
17:00 – 18:30 レセプションパーティ / 17:00 – 18:30 Reception Party

会場>東京大学 福武ラーニングシアター / Venue>Fukutake Learning Theater, Hongo Campus, The University of Tokyo
→ access

参加>どなたでも参加できます。参加費無料。 / Attendance>Anyone can attend, free of charge.

言語>日本語、英語。同時通訳付き。 / Language>Japanese, English (Simultaneous interpretation service available)

参加お申込み>本Webサイトの申込みフォームよりご登録ください。後日事務局よりメールにてお返事いたします。先着順。定員(180名)に達し次第、受付を締め切ります。 / Registration>To sign up, please click on the RSVP (申し込み)tab, and fill in the format. Up to 180 persons, we will receive the entries in order of arrival, and will confirm the acceptance by email within a few days.

お問い合わせ>
シンポジウムに関するお問い合わせは
Contact Usのフォーム
またはメールにてinfo<at>ischool.t.u-tokyo.ac.jp
までお願いいたします。
Inquiry>If you have any questions regarding to the events or i.school, please contact us through the contact form, or just send an email to info<at>ischool.t.u-tokyo.ac.jp.

講演者・進行> / Speakers and Moderator

  • Gopalan Sunderraman

    Vice President – Corporate Development, Godrej & Boyce Mfg Co Ltd, India. Mr. Sunderraman is an engineering graduate from IIT Madras and a postgraduate in management from IIM Ahmedabad. He began his career with Godrej group in 1980 in the marketing field. Over the 30 years, he worked in manufacturing, quality, strategic planning, logistics, sourcing, Supply chain, project management office and innovation through varied assignments. In the last few years, he has had a wide-ranging exposure through seminars, missions and workshops in the filed of supply chain, logistics and strategic management, quality and innovation. He is actively involved in several nationwide initiatives of the Confederation of Indian Industry. He is a visiting faculty in many Management Institutes. Currently he is driving the corporate initiative on Breakthrough Management and Disruptive Innovation (DI) in several businesses across Godrej, working closely with Prof Shoji Shiba who has been associated with the globally recognized Leadership for manufacturing program in MIT. He is active in the CII Innovation Mission initiative and is the part of the core group of Module Directors for Visionary Leadership for Manufacturing program (VLFM).

  • 紺野 登

    多摩大学大学院教授(知識経営論)、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科(SDM)特別招聘教授。一般社団法人 Japan Innovation Network代表理事、KIRO株式会社(Knowledge Innovation Research Office)代表。日建設計顧問。知識経営変革、ナレッジマネジメント、知識産業における事業開発、デザイン経営戦略やリーダーシップ・プログラム、研究所などのワークプレイス戦略等、実務に即した知識経営研究と実践を行う。最近は知識創造の場の研究、フューチャーセンターに関するイニシアティブ(Future Center Alliance Japan)を行っている。著書に「知力経営」(1995、ベストグローバルビジネスブック賞)、「知識創造の方法論-ナレッジワーカーの作法」(2003)、「知識創造経営のプリンシプル-賢慮資本主義の実践論」(2012)(以上野中郁次郎氏との共著)、「知識デザイン企業」(2008)、「ビジネスのためのデザイン思考」(2010)「利益や売上げばかり考える人は、なぜ失敗してしまうのか(目的工学)」(2013)などがある。

  • 堀井 秀之

    i.schoolエグゼクティブ・ディレクター。東京大学大学院工学系研究科社会基盤学専攻教授。JSIC(日本社会イノベーションセンター)理事。1980年東京大学工学部土木工学科卒業、ノースウェスタン大学大学院修士課程・博士課程修了。専門は社会技術論、国際プロジェクト論、イノベーション教育論。i.schoolエグゼクティブ・ディレクターとして、i.school運営を統括する。東京大学知の構造化センターではセンター長として、分散する知の構造化と価値化をテーマに研究開発を推進。著書に「問題解決のための『社会技術』」(中公新書)、「社会技術論:問題解決のデザイン」(東京大学出版会)など。

  • 横田 幸信

    i.schoolディレクター。イノベーションコンサルティング企業i.lab, Inc. マネージング・ディレクター。小学生向けの教育系NPO Motivation Maker ディレクター(副代表理事)。九大院理学府修士課程修了後、野村総合研究所、東京大学先端科学技術研究センター技術補佐員、東大院工学系研究科博士課程中退を経て現職。イノベーションの実践活動と科学・工学的観点からのコンサルティング事業及び研究活動を行っている。著作に「INNOVATION PATH」(日経BP社)

Back