• 日本語
  • English

Nov 11, 2015

<innotalk vol.9>「METADESIGN」筑波大学 五十嵐浩也教授

イノトーク(innovation talk)は小人数で密度の濃いディスカッションを実現する非公開イベントです。2015年度第9回イノトークは筑波大学教授の五十嵐浩也先生をお迎えし、「METADESIGN」と題して行われます。デザイン思考の意味するものは何か。デザインの対象はどのように変化してきているのか。デザインが何を行ってきたのか。これらの問いに対して幾つかの実例を通じて論じるともに、その根底にあるデザイン戦略、デザイン論を考察していただきます。

日時>
2015年11月20日(金)19:00-20:30
(開場:18:30)
※終了後簡単な交流会を予定しています。

会場>
本郷キャンパス工学部11号館4F<i.schoolスタジオ>
http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_12_j.html

言語>日本語

対象>通年生、パイロット生、修了生、i.schoolEDGE/EDGE Faculty Program登録者、パートナー・スポンサー企業
※イノトークは非公開イベントです。

募集〆切り>11月16日(月)を予定していますが、定員になり次第締め切ります。

  • 五十嵐浩也

    GKインダストリアルデザイン研究所(ヤマハ、科学博等の仕事)、富士ゼロックス株式会社 総合研究所(XEROX Palo Alto 研究所)を経て筑波技術短期大学 助教授、国立大学法人筑波大学 芸術系 教授、2015年10月より国立大学法人筑波大学 大学執行役員兼ダイバーシティ・アクセシビリティ・キャリアセンター長、芸術系 教授。

Back