• 日本語
  • English

東京大学i.schoolは、イノベーション人材の育成を目的に2009年に設立された、東京大学知の構造化センターが主宰する教育プロジェクトです。

i.schoolが標榜するイノベーションとは、これまでにない価値の創出につながる新しい変化を意味します。「イノベーション=技術革新」と捉えられてきた従来の解釈とは一線を画し、人間の知覚や行動、習慣、価値観を揺さぶり、画期的かつ不可逆な変化を生み出す営みこそがイノベーションの本質であると考えます。i.schoolはこのようなイノベーションへのアプローチを「人間中心イノベーション」と呼び、幅広い哲学と方法論の開拓・普及を進めています。

i.schoolで学ぶ学生の目標は、現実社会において解決が困難な問題やそれを取り巻く複雑な状況に直面した時に、創造的な課題を設定し、解決アイデアを創出するプロセスを主体的にデザイン出来るようになることです。そのために、全てのプログラムは、社会人や多様な専門性を持った学生と共に議論を深め、現実社会の中で幅広く実践的なテーマに挑みます。

At i.school, the goal of the students is to be innovative people who think outside the box and create new and significant value; they are also able to design workshop approaches for creative activities and tasks.

i.school advocates innovations that produce truly new forms of value. For us, its essence shakes human perceptions, behaviors, manners and values, producing epoch-making and irreversible changes, and there is a clear line between this vision and the conventional interpretation of technology-driven innovation. i.school calls this approach to innovation "human-centered innovation" , and promotes the development and diffusion of a wide range of philosophies and methodologies.

i.school students are trained to be capable of defining creative subjects and independently designing solution processes when they face a difficult problem or a complex situation.Toward this objective, workshops are designed so that the students challenge various types of practical themes from real societies through deep discussions with their teammates who are participants from companies and students with different expertise.

Guiding Principles

東京大学i.school は、5つのフィロソフィーを礎にし、イノベーション人材の育成を目指します。

1

人間中心のイノベーション

人類の創造したテクノロジー、システム、文化はすべて、自由、平等、そして何より幸福の追求のために発展して来たとi.schoolは考えます。
持続可能な幸福を実現するためには、リアルかつホリスティックな人間理解に根ざした創造こそが求められます。

We believe every technology, system and culture created by human kaid should lead to greater freedom , more equality and, above all else, more happiness.
As we enjoy sustainable happiness, we need to create things rooted in realistic and holistic understanding of humanity.

2

創造的思考のための知の構造化

i.schoolの提供するツールを活用することにより、重要な事実の発見、またそれら相互の関係性理解に役立てることが出来ます。
これらのツールはまた、異なる分野間の共通言語として円滑なコミュニケーションを可能にします。

Through an active use of ICT, we provide perspectives with which students notice important facts and their mutual relationships.The tools are also expected to promote communication among different disciplines by developing common languages.

3

社会問題をイノベーションの機会へ

差別、貧困、民族紛争、環境破壊など社会に深く根ざす負の側面に加えて、地球温暖化、出生率の低下、高齢化、水不足、食料不足など、現代社会が考慮すべき課題は数多く存在します。i.schoolではこれらの社会問題のひとつひとつに個別に向き合い、解決する方法はとりません。むしろ、社会問題全体を認識し、イノベーションの機会として捉え直します。それはすなわち、「チェンジ・メーカー」の視点を大切することです。

Along with deep-seated pathologies of society including discrimination, poverty , ethnic feuds, and environmental pollution, we also have to consider contemporary social issues such as global warming , dwindling birthrates and an aging populations, and global shortages of food and water.
We don't encourage students to break down issues into details and try particularly to resolve each of them , We rather believe we had better help them become aware of issues as a whole.
This shall transform issues into innovation opportunities. In other words,we emphasize the viewpoints of "change makers".

4

新しいリーダーシップの育成

i.schoolは新しいタイプのリーダーを育成します。
新しいリーダーとは、ビジネスや社会の全体を見渡す広い視野を持ちながら、目標達成を実現することが出来るリーダーのことです。つまり、イノベーティブなアイデアを持ち、あらゆる層のステークホルダーと協議しながら変革を実現することが新しいリーダーには、求められます。

We cultivate a new style of leadership.We encourage leaders to serve others while staying focused on achieving results in line with a broad view to business and society ,i.e.they conceive innovative ideas, collaborate with a variety of stakeholders, and facilitate to realize changes,

5

リアルなエクスペリエンスを提供

i.schoolは企業や行政とのコラボレーションの機会を提供します。リアルな実践はアイデア創出に役立ち、イノベーションへと到達する有益な足がかりとなるでしょう。

We believe experience helps to create realistic innovations.
We also believe participation in the practices provide invaluable experiences of learning to innovate.Collaborating with corporations and governments in an affirmative way shall create these precious opportunities.

Innovation Hub

i.schoolはイノベーション教育をキーワードとして、
日本と世界、大学と産業を繋ぐイノベーション・ハブとして機能しています。

i.school is starting to work as an innovation hub between Japan to the world, academia and business with keywords of innovation education.

Sponsors

東大i.schoolスポンサー募集

Call for sponsors

パートナー協賛企業、教育機関

博報堂、日立製作所、Japan Innovation Network、Future Center研究会、Royal College of Art、Indian Institute of Technology Hyderabad、Stanford Institute of Design (d.school)、Aalto University、KAIST、HPI d.school、Rotman School of Management

Partner companies and educational institutions

HAKUHODO Inc.、Hitachi, Ltd. 、Japan Innovation Network、Future Center Studies Group、Royal College of Art、Indian Institute of Technology Hyderabad、Stanford Institute of Design (d.school)、Aalto University、KAIST、HPI d.school、Rotman School of Management

過去協賛企業

Past sponsors

People

i.schoolスタッフ紹介

Our team

Action for innovation

i.schoolの出身者は、大企業や官公庁、ベンチャー企業創業・参画など多岐にわたるキャリアを形成しています。どのような企業で働こうとも、企画提案や事業開発、政策立案などクリエイティブな仕事に従事しているのが特徴です。(i.school調べ)

民間企業:電通、博報堂、ボストンコンサルティンググループ、マッキンゼー・アンド・カンパニー、野村総合研究所、ゴールドマンサックス、三菱商事、日立製作所、デンソー、オリンパス、リクルート、オイシックス、竹中工務店、日建設計、ソニー、マイクロソフト、ダイキン、Re:public、i.lab、DeNA、Gunosy、WHILL、a.school、国保旭中央病院、他
官公庁:農林水産省、国土交通省、総務省、他

i.school出身者が創業や経営等の中枢で活躍している組織や段組みをご紹介します。(i.school調べ)

i.school graduates have entered various career fields, including global firms, regulatory agencies, and venture enterprises. Regardless of the types of organization, they have excelled in creative activities, such as planning and development of new business processes and administrative policies (source: i.school survey).

Private Sector:
Dentsu, Inc., Hakuhodo, Inc., Asatsu-DK Inc., Boston Consulting Group, McKinsey & Company, Nomura Research Institute, Ltd., Goldman Sachs Group, Inc., Mitsubishi Corporation, Hitachi, Ltd., Denso Corporation, Olympus Corporation, Recruit Holdings Co., Ltd., Oisix Inc., Takenaka Corporation, Nikken Sekkei, Ltd., Sony Corporation, Microsoft Corporation, Daikin Industries, Ltd., Re:public, Inc., i.lab, DeNA Co., Ltd, Gunosy Inc., WHILL, Inc., and a.school.

Public Sector:
Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries; Ministry of Land, Infrastructure and Transport; Ministry of Internal Affairs and Communications; Ministry of Economy, Trade and Industry, and Asahi Hospital.

Here are some of those projects.

  • Motivation Maker

    http://www.motivation-maker.org/

    「未来のおとなに、モチベーションを。」を合い言葉にして、フィールド観察やモノ作りの体験、プロとの出会いを織り交ぜた、いつもの学校の勉強と将来やりたい事を橋渡しする、モチベーション教育を提供しています。

  • See-D Contest

    http://see-d.jp/

    See-D Contestは、日本の技術力と途上国のニーズをつなげ、途上国が抱える課題を解決する製品をより多く生み出すことを目的として立ち上げられた、デザインコンテストです。

  • yamory

    http://yamory.com/

    yamoryは、契約者に非常食を定期宅配することで、これまでの非常食では実現できない「切らさない」「忘れない」「無駄にしない」を実現しています。

  • i.club

    http://innovationclub.jp/

    i.clubとは、各地域の若手が、地元の良さを再発見し、学校、そして世代の枠を超えたつながりを構築しながら、地元で新しい価値を自ら作り出していく機会を提供します。

  • i.lab

    http://ilab.or.jp/

    i.labとは、個別の製品・サービスのアイディア創出にとどまらず、ビジネスの全体観を持った新規事業創出を実現するコンサルティングサービスを提供しています。

  • Gunosy

    http://gunosy.com/

    Gunosy(グノシー)はユーザーの「欲しい情報」を見つけてくるキュレーションサービスです。

  • WHILL

    http://whill.us/jp

    車いすユーザーの人も、そうでない人も乗ることができる、乗ってみたいと思える、まったくあたらしいカテゴリーの「パーソナルモビリティ」を開発します。

Center for Knowledge Structuring

「東京大学知の構造化センター」は日々蓄積される大量の知識を構造化し、新しい知的価値、経済的価値、社会的価値、文化的価値に結びつけるための「知の構造化」について研究開発をすすめる研究機関です。

MORE

EDGE Program

EDGEプログラム(文部科学省補助事業)は、日本におけるイノベーション創出の活性化のため、大学等の研究開発成果を基にしたベンチャーの創業や、既存企業による新事業の創出を促進する人材の育成と関係者・関係機関によるイノベーション・エコシステムの形成を目的としています。

MORE

Contact

〒113-8656 東京都文京区本郷7-3-1 東京大学工学部11号館4階 i.schoolスタジオ

i.school studio, Faculty of Engineering Bldg.11, 4th floor
7-3-1 Hongo, Bunkyo-ku, Tokyo 113-8654, Japan

TEL:03-5841-0439 FAX:03-5841-0454

Google Map

CONTACT US

You can find a curated selection of i.school’s news, events and archives in English.